大会関連情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第20回大会(2022年7月2日・3日)の開催方法の変更について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本年7月に同志社大学新町キャンパスにて対面での開催を予定しておりました福祉社会学会第20回大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況や,会員の大会参加のしやすさを鑑み,オンライン(ZOOM)にて開催することにいたしました。奮ってご参加ください。

 第20回大会のURL及びパスワード、詳細スケジュールなどは、時期が近づきましたら別途メーリングリストにてお知らせいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第20回大会の自由報告の申し込みと予稿集原稿の提出について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 福祉社会学会第20回大会は2022年7月2日(土)・3日(日)に、 オンライン(ZOOM)にて開催されます。大会での自由報告の申し込みについてお知らせします。
 自由報告の報告時間は1人30分を持ち時間とし、20分発表、10分討論を標準としますが、申込み数によって調整をお願いすることもあります。

<自由報告申込と予稿集原稿の提出について>
 自由報告を希望される方は電子メールで、以下の報告申込書と予稿集原稿のファイルの両方を添付して、2022年4月30日(土)までに以下のアドレスまでお申し込みください。
 welfaresociology10research★googlegroups.com(←★を@に変えてください)

 報告申込書:下記のURLにて、申込要領をご確認のうえ、申込書のWordファイルをダウンロードして、必要事項をご記入の上、ファイルにて提出ください。
  taikai/doc/22taikai_bosyu.doc

 予稿集原稿:下記のURLより「予稿イメージ図」をダウンロードの上、所定の書式にしたがってWordファイルにて作成ください。A4版×2枚の分量です。申込書とともにファイルにて提出ください。
  taikai/doc/22th_yokou-image.docx

 自由報告に申し込みをされた方に対しては、受理通知を電子メールで返信します。申し込み後2日過ぎても返信がない場合は、研究委員会の平野寛弥までご連絡ください(h.hirano★mejiro.ac.jp ← ★を@に変えてください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第20回大会テーマセッションの申し込みと予稿原稿の提出について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は公募型テーマセッション、拡大セッションの申し込みはありませんでした。
 報告者を公募しない、会員による自主企画セッションについては、上記の自由報告の Word ファイルにて、テーマと部会趣旨(予稿集にそのまま掲載されます)、各報告の報告申込書と予稿集原稿を 2022年4月30日(土)までに提出してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 第20回大会の情報サポートと障害による配慮について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第20回大会の全体会(総会・大会シンポジウム)には文字キャプションが付く予定です。
 また、zoomの字幕機能にて各報告の文字キャプションには対応しております。
 その他の情報保障や配慮をご希望の方はwelfaresociology10research★googlegroups.com(←★を@に変えてください)(研究委員会)までお早めにご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 福祉社会学会第20回大会の参加方法について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 大会の2週間前に、ZOOM の会議のリンクのお知らせを、このメーリングリストにお送りいたしますので、メーリングリストの見逃しがないようお気をつけください。ホームページには、セキュリティの観点から掲載いたしません。もし、メーリングリストが届いていない等の問題がありましたら、研究委員会までご連絡ください。
 大会は、会員の皆さまは無料でご参加いただけます。また、会員の皆さまが直接にご紹介する方に限り、無料でご参加いただくことが可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 現在非会員で大会報告をお考えの方に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 次回の本学会への入会承認は7月の大会時に開催予定の理事会となりますが、現在非会員で大会報告申込をお考えの方も、以下の手続によってご報告(自由報告、テーマセッション報告)いただくことが可能です(共同報告で現在非会員の方が含まれる場合も同様です)。

(1) 報告は会員であることが条件となりますので、大会報告申込締切時点の4月15日(金)必着で福祉社会学会事務局(〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 立命館大学産業社会学部 鎮目真人研究室)あてに入会申込書を御郵送下さい。その際、「大会報告申込希望」であることを明記して下さい。
(2) 同時に、大会報告申込も、申込要領に従って4月30日(土)までに研究委員会あてに申し込んで下さい。その際、「事務局に入会申込書送付済」と明記して下さい。
(3) 庶務理事と理事会幹事会で入会申込書を確認したうえで、仮入会の形とさせていただきます。この時点で追加の確認が必要になった場合は、庶務理事より連絡させていただきます。
(4) 同じく4月30日(土)提出締切の予稿集原稿を御用意いただき、研究委員会あてに電子メールでお送り下さい。

 9月に締切予定の学会誌『福祉社会学研究』への投稿には、7月大会時の理事会での入会承認が必要となりますので、現在非会員で投稿を御希望の方はお間違いのないようにお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 福祉社会学会・第20回大会の抄録集のホームページ掲載について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第20回大会では、予稿集をHPにて掲載いたします。予稿集が出来上がりましたら、学会員にはメールでパスワードをお知らせします(パスワードでの情報管理)。テーマセッションと自由報告にご応募なさる場合は、予稿集がHPにアップされることをご了解いただきますようお願いします。冊子は、配布いたしません。

>> 過去の大会


福祉社会学会トップページへ戻る